社団法人豊川文化協会

 ヴァイオリンの第一人者千住真理子さんと、日本を代表するNHK交響楽団メンバーによるアンサンブルのクラシックコンサート。
 美しい音色と豊かな音楽性をお楽しみください。

■千住 真理子 Mariko Senju (Violin)
 2歳半よりヴァイオリンを始める。全日本学生音楽コンクール小学生の部全国1位。NHK交響楽団と共演し12歳でデビュー。日本音楽コンクールに最年少15歳で優勝、レウカディア賞受賞。パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞。慶応義塾大学卒業後、指揮者故ジュゼッペ・シノーポリに認められ、87年ロンドン、88年ローマデビュー。1999年2月、ニューヨーク・カーネギーホールのウェイル・リサイタルホールにて、ソロ・リサイタルを開き、大成功を収める。
 2002年秋、ストラディヴァリウス「デュランティ」との運命的な出会いを果たし、話題となる。
 2015年はデビュー40周年を迎えた。2016年は、300歳の愛器デュランティと共に奏でるアルバム「MARIKO plays MOZART」をリリース。またプラハ交響楽団、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団と各地で共演。2017年はブラームス没後120年記念「ドラマティック・ブラームス」をリリース、また全国でスーク室内オーケストラとツアーを行い、好評を博した。
 コンサート活動以外にも、講演会やラジオのパーソナリティを務めるなど、多岐に亘り活躍。著書は「ヴァイオリニストは音になる」(時事通信社)「ヴァイオリニスト 20の哲学」(ヤマハミュージックメディア)など多数。
千住真理子オフィシャル・ホームページ http://www.marikosenju.com/


■N響のメンバーによるアンサンブル
 1985年、横浜市緑区に在住していたヴァイオリニストの千住真理子とNHK交響楽団の永峰高志、菅沼準二、故徳永兼一郎で結成された「緑弦楽四重奏団」を母体として、首席奏者、次席奏者を中心に構成されている弦楽アンサンブル。
 美しい音色と、卓越した合奏能力の高さ、豊かな音楽性に定評があり、レパートリーはバロック作品、古典作品から現代作品に至るまで幅広く、聴衆を魅了しつづけている。


■演奏予定曲
・J.S.バッハ/千住 明  2つのメヌエット BWV Anh. 114&115
                 (ヴァイオリン・ソロ:千住真理子)
・モーツァルト          セレナード13番 ト長調
                 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 K.525
・ヴィターリ/千住 明     シャコンヌ
                 (ヴァイオリン・ソロ:千住真理子)
・ヴィヴァルディ         四季
                 (ヴァイオリン・ソロ:千住真理子)
※曲目が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

詳細
日時

2019年6月29日(土) 開演14:00(開場13:30)

会場

豊川市文化会館大ホール

入場料

S席:5,000円
A席:4,000円
A席学生(小・中・高校生):2,000円
※全席指定、未就学児の入場はご遠慮下さい。

前売り券

■一般発売
・3月23日(土)9:00 〜
 豊川市文化会館
 豊川市桜ヶ丘ミュージアム
 ウィンディアホール
 ハートフルホール
 フロイデンホール
 蒲郡市民会館
 ピアゴ新城店サービスカウンター

・3月23日(土)10:00 〜
 チケットぴあ(0570-02-9999)(P-コード:141-348)
 ほの国百貨店6Fプレイガイド

・3月23日(土)13:00〜
 豊川文化協会(豊川市桜ヶ丘ミュージアム内)

その他

前売り券一般発売日に購入希望者が多数となった場合、1回の購入枚数をお一人様4枚までと制限させていただきます。

問合せ先

(公社)豊川文化協会へ

 主 催
 共 催
 後 援
 協 力
(公社)豊川文化協会
豊川市
豊川市教育委員会/豊川市文化のまちづくり委員会
(株)ジーコーポレーション


Copyright (C)2010 公益社団法人 豊川文化協会 All rights reserved.